読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通勤の長い時間。座る席を確保する!

通勤は  私服のやつが  狙いどき

 

今回から、冒頭に私流5.7.5を書きます!

季語とか字余りとかあんまり分からないので、そこら辺の評価に関してはご勘弁下さい!

 

あと懸賞生活にここから引用して応募するのもダメですよ!見つけ次第賞金は募集します!

 

そんな茶番はさておいて、今回ですけども

 

通勤の電車での座席確保のコツ

 

について書いていきます!

朝通勤時間が長いと、なかなか厳しいですよねー。

短い時間なら立ってても余裕かもしれませんが、一時間かけてくる人達はとくに車内はしんどいですよね…

僕の場合、勤務地がコロコロ変わるので、長かったり短かったりまちまちなのですが、一回一時間半位かかる職場の時期があって、その時期は本当にキツかった。

 

そもそも最寄り駅が始発で初めから席に座れるという方は必要ない情報なのですが、途中から座ら方はなかなか座席に座れませんよね。

そんな時は

 

服装で座っている人の前を取れ

 

これにつきると思います。

座っている服装で、その人がどこの駅で降りるのかを予想します。

 

サラリーマンだったら、ここで乗り換えるとか

若者なら渋谷、原宿に行くだろう

そういう予測を立てて座席に座ると、座れる可能性がかなり上がります。

 

あと前に見たことあるのは

足が悪くないのに駅のホームに着いた途端に杖をつくおばあちゃんがいました。

 

改札までは猛ダッシュ、エスカレーター上がってホームに着いた途端、カバンから折りたたみのステッキを出してきました。

 

自分も足を骨折した時に、完治後松葉杖を病院に返却しに行く為に電車に乗っていて、

松葉杖を持って立っていると、それに気づいた方が席を譲ってくれようとしました。

その時は断りましたが、日本の方は意外と優しいです。

 

病人作戦は効果は絶大ですが、それ以上の物を失う気がするので絶対にやめましょう。