読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引っ越しのタイミングと値段交渉

今回は引っ越しのタイミングについて自信が体験し、安く物件を契約するコツを書いていきたいと思います。

家賃を安くする一番重要なポイントは

 

引っ越しの時期

 

正直ここにつきます。

それには商談の上手さとか、話し上手とか、大家さんとか仲介業者の方と仲良くなる。

これも大事な事かもしれませんが、一番値段を安く済ませるのに重要なのは引っ越すタイミングになります。

 

まず引っ越す理由を考えましょう。

離婚。友達との関係が上手く行かない。愛人と住む為の別の家を借りたい。自由が欲しい。自立したい。

皆さん引っ越しの理由は様々ですが、一番は卒業、転勤

ここの2つの理由が引っ越しの大半です。

高校を卒業し大学へ入学、転勤が決まり家を移動

だいたい3月で引っ越しの準備し、4月に引っ越して新しい家で生活というのが一般的に多いです。

つまり賃貸を探す時期は引っ越しの約1ヶ月前の2.3月頃に集中します。

この時期というのは、家を探している人が多いので値段交渉をしても大抵下がりません。

 

オークションをやった事のある方なら分かると思いますが、出品している品は買ってほしいけど、出来るだけ高く売りたいですよね。

この場合買ってくれそうな人が多いので、値段をあまり下げなくても売れる場合があります。

この人がだめならあの人に売ろう。もしかしたら別の人が買ってくれるかもしれない。

そういう状況は、交渉してもあまり下がらないです。

なのでどんだけ口が上手でも、なかなか上手くは行かないでしょう。

 

客が少ないときに引っ越せ

 

以上の事をふまえると、引っ越すタイミングが分かると思います。

4月、大学生が引っ越しを終えて新しい生活が始まります。転勤先での仕事が始まります。今後、引っ越しする人は増えそうですか?

特別な理由がない限り、まず引っ越す方はいませんよね。

 

つまり、今開いている物件は、次の卒業式までは人が入らないかもしれません。

ここがポイントになる訳です。

売る側の立場になると、人に借りてもらわなければお金が入ってきません。

だから大家さんは誰かに借りてほしいはずです。

けど、もう引っ越しのシーズンが終わったので客が少ない。

 

ここで買い手と売り手の立場が逆になりますね。

 

2、3月では、客がいるからいつかは売れるだろう。

4月、5月では客が少ないから売れないかもしれない。

 

売り手の心理はこうなります。

 

そうすると、その商品を売る為には広告を増やして目を引くし。

リフォームして家を新しくして奇麗さをアピール。

値段を安くして入ってくれる様にする。

ここに付け込みます。

 

上の二つは大家さんも費用がかかります。

和室を洋室にする。広告を出すのも無料ではありません。

この二つをしても入居しくれなかったらただのマイナスですよね?

だから一番は家賃を下げる。

これが大家さんにとって顧客を獲得する一番の手段になります。

 

値段交渉をする必要がない

上でも書きましたが、4月5月というのは圧倒的に客が減ります。

そうすると、大家さんも売る為に家賃を下げて顧客を獲得しようとする訳ですね?

家も実際大家さんが販売している訳ではなく業者に売ってくれる様に依頼している訳ですよね?

業者は商品を売れれば大家さんから報酬が貰えます。

仲介業者の方も売って業績をのばしたい訳です

 

ですのでこの時期は仲介業者の方が営業に行き、大家さんと相談して家賃交渉をします。

そして家賃を下げてくれるので、こちらからは何もしないで勝手に家賃が下がっている場合もかなりあります。

実際私が見に行った物件もその一つで、元々の契約金が9万円程でしたが契約時には5千円程の値下げがありました。

これは私自身交渉はせずに、大家さんと仲介業者さんとの間で値下げが決まった様です。

なので少しでも安く住みたい方は。4月、5月頃に物件を探しにいく事をお勧めします。

 

交渉する場合

注目したい所は契約したい物件が仲介不動産会社の管理物件かどうかでということです。

 これは値下げ交渉に限らずですが、仲介不動産物件の管理物件の場合、様々な融通が聞くという事です。

またまたヤフオクで例えますが

 

自分の商品と、友達に商品を売ってほしいと頼まれて出品している場合

お客さんが500円値下げしてくれたら買います。

そう言ってきた場合

自分の商品ならその場で決めて販売や交渉が出来ますよね?

それが友達に頼まれて売っている商品の場合

友達に500円下げて売ってよいか、又何かセットを付けて値段を下げずに交渉するのかいちいち聞かなければ販売出来ませんよね?

 ですので値段交渉や様々な交渉をする場合は、その仲介不動産会社が直接管理している物件なのかそうでないのかでだいぶ交渉の確率が変わってきます。

 

交渉や特別な条件で賃貸を契約したい場合は、仲介不動産会社の直接管理している物件の方が確率が高い事ですね。

 

 今回は賃貸物件の安く契約する為にというテーマで実際私が体験して分かった事を書きました。

これから一人暮らしで悩んでいる方、急遽一人暮らしが必要になった方は、是非参考にしてみてください。